豪快独走のウィンブルドン女房決勝

今年もウィンブルドンテニス女はセリーナウィリアムズが優勝しました。二度と何年もこういう情景を見たのか思い付かが、今年も断トツでした。テニスの4大フェスティバルは有償放送といった契約していない我々にとってはウィンブルドンテニスしか視聴する機会が無く、毎年女の決勝にはセリーナウィリアムズがいてあちらが各回違うといった印象です。テニスは自分ではプレーする事のない我々ですが、見極めるのはお気に入りで、見お出かけの位は女テニス界はナブラチロワVSグラフが大方でした。ネットプレーで俊敏等級のナブラチロワに関し、根本紐付からしだいにあちらを引っくり返す牙城のグラフ。ゆるゆるグラフ時代になり、コチラ10時代はセリーナウィリアムズの時代に。セリーナのテニスはサーブで打ち砕く平易な力テニス。そのヒットは棄損クイーンにふさわしい試合振りだ。
今日のウィンブルドン決勝も劣勢になりかければサーブで圧倒的して、あちらを内面から追い込みプレッシャーをかけて出向く。焦った競争あちらは自分から勘違いを重ねていって厳しい状況になります。彼のベスト硬いところはそのメンタルのタフさ。聴衆は強すぎる彼にほとんどエールは送らず、競争あちらのケルパーに大声援を送っていました。でもセリーナは自身の公演計算を見失わず今年も大成をつかみました。これで4大フェスティバル22回眼の優勝でドイツの超人グラフに並びました。こういうUSAが生んです棄損クイーンはどこまで勝ち続けるのでしょうか。恋愛したい、恋人が作りたいならここ