みたらしの焼き恰好は?

目下食べたみたらしが柔らかかったのです。どれくらい瑞々しいかというと、月見団子ぐらい。歯にべったりとへばりつく柔らかさだ。一先ず火としているわけですから、火として弱い団子と同じじゃよくないと想うわけですよ。とはいっても、焼き調子はお仕事場のロジックがあるからね。買ったのがふと軟らかいお仕事場だったのかなと思って決め手尽力。それから二軒目のお仕事場も、ゼロ軒目と同じぐらいの柔らかさ。うーんって考え込んでしまいました。それでも二軒続いて瑞々しいということもパーセント的にないわけじゃないですからね。次は大丈夫だろうと思って違うお仕事場で買ってみたら、案の定瑞々しい。三回貫くといったこれは最近のトレンドなのかなとしてしまいました。今はごちそう一切柔らかくなっていますからね。肉も野菜も。それでも柔らかければ良いってものじゃないというのです。自分の位置付ける、理想のみたらし団子って、外層はかりっとしていて、噛むとちょこっと弾力があるはなんですが、そんなみたらし団子は二度と古めかしいのかな。串にも必ず焦げ目がついてるぐらいのものがいいのですが、どこかにありませんかね? お仕事場で激しく焼いてと言えばいいのかもしれませんね。みたらしのウェルダン下さいなんてね。lineid掲示板でQRコードも交換