オススメの「冷え取りカラダ法」

今日はみなさんにオススメの「冷え取りカラダ法」について。

冷え取りって知っていますか?
体の冷えをとって身体を温め体の障害を調整して出向くカラダ法だ。
首、手首、足首。人間の身体に残る3つの「首」を温めていきます。

身はこういうカラダ法をついに3カテゴリーになりますか・・・。
主に行っているのが「冷え取り靴下」を履くイベント。
アクセスを暖める、「足湯」ができれば一番いいですが、それって・・無理ですよね。
その結末とおんなじ病状を受け取れるのがこういう「冷え取り靴下」を履く病状です。

絹の5当指靴下→綿の5当指靴下→絹の先丸靴下→綿の先丸靴下・・・・

と繰り返し履きしていきます。最低限こういう4枚からの店開き。
寒くなると綿をウールにしたり、6枚、8枚・・と増やしていったりしています。

最初は「暑くない?」とか「寝てるときに無我で脱いじゃうだ?」と思いましたが、
これがまた驚異!がんらい刺々しい足もとだからか心からいい感じ。
始めたばかりは「めんげん」とも呼ばれる好転応答が出たりしましたが、それも悪かった転回がよくなった証拠。
とにかく絹の靴下はアクセス裏から出た不純物で落とし穴があき易いのですが、その場所でどこが酷いのか極めるほどだ。

履き積み重ねるため身体脂肪が減ったり、身は花粉症が楽になりました!(冷え受けとりの賜物かはスペシャルできてはいませんが(汗)

体温を1都度見せると入れ替わりもよくなり、病魔にもなりにくくなると言われます。

冷えをとって皆さんも体温あげていきましょう!